債務整理をして人生設計をやり直すには。

借金を抱えて消費者金融や信販会社などへの返済も難しい状況で借金問題で悩んでいる方は、
債務整理をしたいと願っている人も少なくありません。

多重債務を解決する自己破産の特徴

自己破産というのは、多重債務を自分では返済することができなくなった人が、99万円以下の現金及び生活必需品を覗いた資産を処分し、債務者に分配することによって残りの債務の支払いを免除とする制度です。自分で、または専門家に依頼して地方裁判所に破産手続開始・免責許可の申し立てを行い、支払い不可能という裁判官の判断を仰ぎます。自己破産の言葉には悪いイメージが強いでしょうが、保証人となっていない限り家族に影響はありませんし、仕事を辞める必要などもありません。多重債務を解決できなくなった時にきちんと活用すべき制度です。

多重債務で苦しんでいる方は自己破産も一つの手です

多重債務でどうしても借金の返済の目途が立たない場合は、自己破産も選択肢のひとつです。破産宣告をすると、全ての財産を手放すことになりますが、全ての借金の免責を受けることが出来ます。免責を受けると、借金の返済義務がなくなるので、苦しみから解放されることが出来ます。破産宣告をすると信用度が著しく低下するので、ローンや借入れをすることが出来なくなってしまいますが、破産宣告後の財産は全て自分の物にすることが出来ます。就職や私生活に影響を与えるということが無いので破産宣告をすることによって人生の再スタートをきることが出来ます。

自己破産をすると多重債務から解放されます

日本には、多重債務者がとても多く、借金問題で困っている方がとても多いです。そんな方の味方になってくれる制度が自己破産制度です。破産宣告をすることで借金を免責してもらえるので、借金の返済地獄から解放されます。しかし破産宣告をすると、財産を全て失ってしまいますし、信用度が著しく低下する為に、ローンや借入れなどが難しくなります。しかし破産宣告後の財産は、全て自分のものにすることができるので、再スタートを切りたいときに最適です。日本では、多くの人が自己破産をして、人生をやり直している方がいらっしゃるのです。

多重債務と自己破産と裁判所

多重債務を抱えている人の最終手段と呼ばれている自己破産ですが、こちらは借金を0円にできるというメリットがありますが、そのためには裁判所から承認をもらわなければなりません。それが通らない限りは認められません。様々な書類の提出があり、面接もあるので、自己破産を考えている人はそれなりに手続きが大変だということを忘れないでいてください。またこちらの場合には裁判所から承認がおりないこともあるということも忘れてはいません。遊びのために使用した、パチンコなどで使用してたまった借金に対しては認められないことが非常に多いそうです。

多重債務の人に自己破産が進められる理由

多重債務をかかえている人の最終手段と呼ばれているのが自己破産ですが、どうして最終手段と言われているのでしょうか?債務整理の中で、借金が0円にすることができるのがこちらの方法だけです。任意整理は毎月の返済額を減らして、きちんと返済していける金額に調整するだけですし、民事再生は全体の借金の50パーセントは自力で返済していかなければなりません。全てが0になるというのはこの方法だけなのです。それゆえに多額の借金を抱えている人には進められる方法ですし、逆にいうとこの方法しかもう残されていないという人も中にはいます。

自己破産関連

交通事故弁護士に相談、債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故弁護士に相談、債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにぴったりあった弁護士、司法書士がいます。