債務整理をして人生設計をやり直すには。

借金を抱えて消費者金融や信販会社などへの返済も難しい状況で借金問題で悩んでいる方は、
債務整理をしたいと願っている人も少なくありません。

キャッシングの過払い問題は司法書士

基本的に、司法書士でも弁護士と同じように、キャッシングなどの過払い金の問題にも対応することができます。ただ、一件について140万円以内という金額制限が設けられていますので、それを超える案件では弁護士に任せるしかありません。

また、単なる借金相談とは違って、個人再生や自己破産の案件になりますと、弁護士は依頼主の代理人として問題解決のために働くことができます。

それに対して司法書士は、弁護士同様の代理人にはなれません。なれるのは、必要書類を作成してくれる代理人です。

もちろん、それだけでも依頼主にとっては強力なサポートと言えます。