債務整理をして人生設計をやり直すには。

借金を抱えて消費者金融や信販会社などへの返済も難しい状況で借金問題で悩んでいる方は、
債務整理をしたいと願っている人も少なくありません。

首が回らなくなる前に過払い請求

借金の事で首が回らなくなってしまっている人もいる様です。

本人は返したいという意思が強くてもどうしても返済が追い付かないという事も可能性としては考えられます。どうする事もできない、という前に一度試してみたいのが過払い請求をして戻ってくるお金がないかどうかという確認です。

過払い請求をすると、一度で残りの借金をすべて返済できたというのは稀なケースだと思います。しかし、どうしても行き詰っているのであれば、試してみるといいでしょう。

過払い請求までに金額を算出しないといけないのですが、この作業はややこしいので、弁護士や司法書士などが行っている無料相談を活用して行う人もいる様です。

過払い問題の現在の事情について

過払いとは、利息制限法を超える金利で返済をしていた時に発生する払いすぎた分のお金のことです。利息制限法を超えた過払い金は、元本に充当されるもので、再計算をすると債務がゼロになっていることがあります。

また、ゼロとはならなくても、大幅に減らすことができる事もあります。そのため、過去にグレーゾーン金利で借入をした人が過払い請求をすることによって、借金問題を解決できることが多いです。

過払い請求は主に弁護士が扱います。かつてはこの請求はよく行われていて、これで大きく設けていた弁護士もいますが、現在はあらかた片づけられたという事情があり、下火になっています。

違法な利率で生じる過払い金

過払い金は、かつて違法な金利で消費者金融業者がお金を貸していたことで生じました。現在では、法律が変わりグレーゾーン金利が明確に違法となったために生じる余地はありませんが、かつてはそのような運用が一般的であったため、当時から利用している人は過払いが発生している可能性があります。

そうなると、正当な利率に引き直して計算をして、払いすぎた分は返還を受けることができます。ただし、個人で過払い請求をするのはたいへんであるため、確実に返還をしてもらいたいのであれば弁護士を雇うのが確実でしょう。過払い請求は確実性が高いことから、成功報酬のみで請け負っている弁護士もいます。